山梨県鍼灸師会ホームページにようこそお越し下さいまして、ありがとうございます。

公益社団法人山梨県鍼灸師会 会長 細田 敬二

【山梨県民の皆様へ】

本会の創立は昭和27年で、3年後の昭和30年に山梨県内における関係団体の一団体化が図られ、統一団体である山梨県鍼灸マッサージ師協会に合併吸収されましたが、

昭和44年に再発足し、昭和57年6月2日に「社団法人山梨県鍼灸師会」となり、 この度の公益法人制度改正により、平成2541日をもって「公益社団法人山梨県鍼灸師会」に移行登記され現在に至っております。  

60数年の歴史を有し、山梨県下において鍼灸専門の唯一の公益法人として、鍼灸医療の普及と発展により国民の健康保持増進に貢献して参りました。


医療における鍼灸は、中国で発祥し数千年の歴史を有し、遣隋使や遣唐使の伝来と共に本格的なテキストと技術の伝来がなされ、

日本書紀の允恭天皇記中にも鍼灸に関連する記述が見られ、民間レベルでの技術の伝播は、さらに時代を遡るものと考えられます。




戦後は、鍼灸医学における科学的研究が急速に発展し、1970年代の中国における鍼麻酔に端を発し、欧米諸国をはじめ世界的な普及を経て、

近年は、世界保健機関(WHO)やアメリカの国立衛生研究所(NIH)が鍼治療の効果を科学的に認めております。 

鍼灸は「古くてもっとも新しい治療法」として、全世界で様々な研究が進められており、その効果が認められ数多くの疾病に臨床応用されております。




最近の医療分野でも規制緩和の名のもと、様々な人たちが医療に近い業界に参入し、医療資格を持たない無資格者が健康産業と称して営業しております。

本会は県内の他の医療関係者団体と協力し、国民医療の一翼として鍼灸医療により、県民の健康管理増進のため日々研鑽し、会員一同、努力致しております。




本会は、厚生労働大臣の所管する国家資格である鍼灸師の免許を有する者のみが加入できる団体です。

生涯学習教育に重点を置き、会員は常に学術の向上に切磋琢磨して努力を重ねておりますので、質の高い鍼灸師を養成しております。

本会会員は常に専門の教育を受けていますので、「安心できるかかりつけ鍼灸院」として治療を受けて頂くことができます。




自由診療の他、医師の同意を得た場合において、はり施術及びきゅう施術が神経痛・リウマチ・頚腕症候群(頚や肩の痛み)・五十肩・腰痛症・頚椎捻挫後遺症等に

ついて医療保険の療養費対象になっております。当然ながら無資格者、無免許者は医療保険の対象外です。




「未病を治す」と言って、病気になる前にその予防をすることもまた得意とするところである、鍼・灸の専門家集団である本会会員の

「安心・安全」を備えた鍼灸院において、疾病治療、健康増進を図られますようお奨めいたします。



【鍼灸師の皆様へ

本会は、鍼灸師の有資格者専門の職能団体です。法令改正やあらゆる情報の伝達は勿論のこと、鍼灸治療の普及啓発と会員鍼灸師の資質向上、

学術の研鑽、療養費制度の適正な運用、各医療関係職種との連携等、様々な取り組みを展開しております。

開業、勤務の形態を問わずご加入頂き、県民の健康保持増進のために公益社団法人としての事業を転展開してまいります。




今後も情報発信の場としての、サイトを構築するよう努めますので、時々覗いてください。

現在県内において開業され、法人団体未加入のはり師、きゅう師の方は、是非とも入会され、一緒に鍼灸師の社会的信用を高めるべく、

お力添え頂きますよう、ご案内申し上げます。


役   員
代表理事:会長 細田 敬二
業務執行理事:副会長 赤岡 禎之
業務執行理事:副会長(兼総務部長) 渡邊 慎司
理事:財務・組織部長 進藤 丈二
理事:保険部長 藤森 文茂
理事:共済・女性部長 小松 淑子
理事:青年部長 蓑手 太一
理事:学術・スポーツ鍼灸部長 石川 亮一
理事:広報・普及・IT部長 土橋 和実
監事 深澤 栄一
外部監事 平川 初子



|ホーム|